ギャラリー フォード・モデルTの開発

ギャラリー フォード・モデルTの開発

ギャラリー フォード・モデルTの開発

当時のフォードの先進性は、部分と互換性を持つ業績を含みます。
1900年代の大部分の車は個々の部分の均一な処理精度を確保するための困難でした。
そして、それを最後にそれを集めて、ステージで手終わりによって調整に強制される間
まさにこの瞬間にすでに先立つためにキャディー・ラックのヘンリー・リー・ランドの
スタイルにならってマイクロゲージに基づいた標準化によって、フォード社は一部互換性を発見しました。
シンガーの出身です。短期であることにもかかわらずフォードの生産のマネージャーが重要な
仕事を実行して、ここのミシン・メーカーと就任したウォルター・フランドル(Walter.E.Flanders)社。

部分と互換性を持った実現は大量生産の主要な前提でした。
そして、この点で、フォードに関しては、1歩は公的な自動車産業で競争者より前にありました。

他方、冶金の研究がこれと同じ時間に進んだ英国で、新しい種類の高速度鋼「バナジウム鋼」は
開発されました。軽くて、従来の鋼フォードへ二倍になるために緊張を所有することがこれを知って
新車のために多くのバナジウム鋼を使うと決める間
また、高速カットが可能である自動車材料として、理想的である材料です。
そして、ライト級に生産性改善。

ギャラリー フォード・モデルTの量産ギャラリー フォード・モデルTの前